フランス人と結婚した平成生まれの僕

国際結婚生活のあんなことやこんなこと

日本での国際結婚の婚姻届提出に向けて

 

今回は日本人とフランス人との国際結婚する際の結婚手続きの方法についてになります!

 

国際結婚のやり方ってほんとにわからないことだらけですよね!

 

僕はフランス大使館とか、いろんなネットの情報を参考にしてきましたが、案外みんな書いてることが違うんですよね。

 

なので、ほとんど手探り状態で手続きを進めて行きました。

 

そんなこんなで、参考になるかはわかりませんが僕の実体験を記録として残したいと思います。

f:id:gayason:20190321102541p:image

 

外国人の方との婚姻届の提出方法

 

単純に婚姻届を出すといっても

  1. 日本で婚姻届を提出して外国に住む方
  2. 日本で婚姻届を提出して日本に住む方
  3. 外国で婚姻届を提出して外国に住む方
  4. 外国で婚姻届を提出して日本に住む方

4種類のやり方がありますからね

僕はその中でも 2. についての説明のみを行なっていきます。

 

また時間があればその他の方法も書けたらなと思います。

もちろんのことだけど フランスで結婚する場合は手続きがまた異なるみたいで、より複雑になります。

 

さて、まず

1番最初にやることは婚姻届の提出です。 これから始めないと何も進まないです。笑笑

国際結婚では、役所に婚姻届を提出する時

一緒に提出する書類が色々あります。 

 

必要書類

1.婚姻届 (formulaire que les époux complètent ensemble pour pouvoir se marier)

 

2.日本人の戸籍謄本 (version japonaise de notre acte de naissance)

自分の生まれた町の役所に婚姻届を提出したので正直いらなかったです。 出生地と異なる場所(日本国内に限る)では必要になってくるかと思います。

 

3.日本人のパスポート (passport)

 

4.フランス人のパスポート (passport)

 

5.フランス人のパスポートの日本語訳 (traduction libre du passport)

 

6.婚姻要件具備証明書 (certificat de capacité à mariage)

 

7.結婚資格証明書 (traduction de certificat de capacité à mariage)

 

8.フランス人の出生証明書 (acte de naissance)

 

僕らが役所に提出した書類はこの1-8です。

これだけあったらとりあえず 婚姻届を提出できると思います。

いらないのは役所が勝手に省いてくれます。

大切な結婚記念日が書類不備でまた別の日になるなんて嫌ですよね。

 

日仏カップルの場合 婚姻届の提出は全国どこの役所でもOKですが 必ず二人で一緒に行く必要があるみたいです。

 

日本人同士の結婚の場合 365日、24時間、受け付けてもらえますが 国際結婚は夜間窓口では対応できないそうです。

 

これも役所によるのかもしれませんが。

 

手続きがいろいろとややこしいからだと思います。

 

それから書類に関してややこしいことがあります。

 

それは 6. の

婚姻要件具備証明書 (certificat de capacité à mariage) の取得です。

これをゲットするのが非常に時間がかかる。

 

 

www.gayafrance.com

 取得方法についてはこちらになります。

 

 

 

婚姻要件具備証を取得するのにだいたい1ヶ月前後時間がかかります。

なので、婚姻届を出すぞって言う日が決まってるなら

さらに1ヶ月は余裕みて行動してる方がいいと思います。

 

ということは

プロポーズも早めにね男子諸君。

 

あと 日本の配偶者ビザを取るぞって方は全部ひっくるめて4.5ヶ月は余裕をみてるほうがいいかと思います。

 

結婚する前の外国人の方がどういうビザで来てるかにもよりますが。