フランス人と結婚した平成生まれの僕

国際結婚生活のあんなことやこんなこと

クリスマスはラクレットでしょ!

結婚して初めてのクリスマスを迎えたわけですが

 

僕の奥さんは単身で日本に来てます。

ご両親が付いてきてるわけではなく、家族は僕だけにあたるので

日本でもちょっとでもフランスの雰囲気で楽しんでもらうためにクリスマスプレゼントで

プレゼントしたものがこちら🎁

 

       

 

 

なにこれって思う方もいるかと思いますが

フランスの家庭用のラクレットマシーンです。

 

まぁそもそもラクレットってなんぞやと思う方もいますよね

ちょっと

Wikipediaの力を借りて

この場で説明したいと思います。

 

ラクレットとはフランス語で「削るもの」「引っかくもの」を意味する。チーズの断面を直火で温め、溶けたところをナイフなどで削いでジャガイモなどに絡めて食べることから、この名が付いた。ヴァレー州を中心としたスイス全土、スイス国境に近いフランスのサヴォア地方などの伝統料理の1つである。テレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」で暖炉にかざしてチーズを溶かして食べる食事場面のメニューとして登場している[1][2]。

 

チーズにはラクレットチーズ(後述)やグリュイエールチーズなどが使われ、ピクルスなどを付け合わせにする。家庭でラクレットを食べる場合は、ラクレットグリルを用いることも出来る。”

 

とのこと

 

お店とかでは大きな機械で半円のチーズを焼くのですが、、、

f:id:gayason:20190317085903j:image

 

 

これはお店とかでしか食べれないですけど。

こういうの見たことないですか?

絶対あると思います。

 

メルトのラクレット機械は

専用のラクレットチーズを買えば家庭でもこのようなことができますよっていうシロモノ。

 

クリスマスの日にプレゼントしてそのまま

クリスマスディナーでラクレットをするために今回使用させていただきましたので、その感想でもということで

実際に僕がしたことは言うと

単純にチーズを溶かしてかけることもできるのですが

付属の鉄板を使えば

焼き物だってできます。

鉄板の上でベーコンを焼いて

いい具合に焼けたらトロトロに溶けたチーズをかけたりと

とても最高な組み合わせで食べました。

 

ほかにもジャガイモにかけたり、ハムにかけたりといろいろチーズに合うものはかけて食べれます。

 

ちなみに専用のチーズがあるのですが

 

 

Amazonではこの値段になりますが、

コストコにいけば

この値段の半額で購入することができます。

 

さらに

付属の底の深いカップもついているのですが

それを使い鉄板の上で加熱できるので

チーズフォンデュチョコレートフォンデュなども楽しめます。

 

結構バラエティ豊かな商品なので

 

皆様も是非味わってみてください!