フランス人と結婚した平成生まれの僕

国際結婚生活のあんなことやこんなこと

配偶者ビザ取得の補足

こんにちは

 

今回は配偶者ビザについての補足説明をしていきたいと思います。

 

前回の記事に書いたように

こんなスムーズに行くわけがないと思う方もいらっしゃることでしょう。

 

実際はそうだと思います。😂

 

なんでかって言いますと

僕たちの場合は

 

8月初めに籍を入れて、相手国にも結婚しましたよという知らせをして、

相手国にも認められて、

10月初めに相手国の婚姻証明書類をもらいました。

そこからビザ申請を行い、審査が通るまでが約1.2週間(僕たちの場合)

 

これだけでざっと2.5ヶ月かかっています。

2.5ヶ月も!かかりました。

 

 

役所によってはもっと日数がかかるところもあるかと思います。

 

 

もし、仮にあなたが

外国で彼女を作り、日本で籍をいれ、日本に一緒に住もうもんならば、

1度彼女にワーキングホリデービザを取ってもらい一緒に日本に帰国することを強くお勧めします。

 

 

※ワーキングホリデービザの取得もブログに書いてありますが、結構時間がかかります。

 

 

観光ビザで一緒に入国して〜籍入れて〜配偶者ビザ取ろ〜

なんてやめてください。

 

 

その彼女はビザ取得まで

働けませんし、お金をただ浪費して行くだけの毎日を約2.5ヶ月しなければなりません。

 

彼氏がお金持ちで毎回どこかに連れて行ってあげたりすることができれば、

彼女のストレスも緩和することができるかと思います。

 

 

 

彼女からしたら異国ですのでね、

頼れるのは未来の旦那さんだけですから。

 

 

本来は

日本に入国する際に

在留資格認定証明書を提出するのは忘れないでください。

 

これが1番簡単です。

 

2.5ヶ月ってのも仮ですので、

個人差がありますし、観光ビザの3ヶ月の期間で在留資格の審査が通るとは限りませんし、

審査だって落ちる可能性があるらしいです。

 

 

ネットで見る限り、

観光ビザで入国してくる方が結構多いみたいです。

そんなバカなことをするのはもー僕たちだけでいいでしょう。

 

 

僕の奥さんは

観光ビザだった期間は1ヶ月ぐらいだけでしたけど、

毎日仕事もできないし、結構暇そうで

イライラしていましたね笑笑

 

 

最後になりますけども、

新婚早々に在留資格認定証明書申請中の間奥さんと

離ればなれになりたくない気持ちはとてもわかります。

でも、その申請の短い間だけですからね

これから死ぬまで一緒に過ごすパートナーですからね

 

そこは頑張って乗り切って欲しいものです。

 

ほんとうに国際結婚って大変だなって思う理由がわかります

 

頑張ってください🤙🏼🤙🏼🤙🏼